消防豆知識 | 一覧

消防士は一つの階級

投稿日:2013年2月11日

ときどき新聞等で消防士という言葉が、あたかも消防職員を総称するような表現で用いられています。本来、消防士とは消防職員の階級を表すものです。

階級とは、消火活動や救助活動など、いわゆる部隊行動をとるときに、それを指揮統制するうえで必要となります。

現在の消防職員の階級は、自治省消防庁が昭和37年に定めた「消防吏員の階級準則」に従って、各市町村ごとに規則で定められていますが、その後、昭和43年に準則の一部が改正され、現在は10階級となっています。

そしてこの階級を表すものが階級章です。

 

階級章

 
これは制服や執務服の胸などにつけられていますが、それ以外にも階級を知ることができるものとして、制服の袖に巻かれている蛇腹や、金色金属製の袖章および帽子の周章などがあります。

また、消防長(消防本部の長)の職にある者の階級は準則で消防司令長以上と決められており、消防職員数・管轄人口等によって同じ消防長でも階級が変わってきます。
伊予消防等事務組合の消防長の階級は、消防監が最高位となります。

消火器の歴史

投稿日:2013年2月11日

手軽で効率的な消火器具として、一般家庭にも数多く普及しているものに消火器があります。
消火器が日本に初めてお目見えしたのは、明治5年に行われた西京博覧会で、アメリカから出品された時でした。当時は「火災消防器械」と言われ、当時、時価30ドルから50ドルもする高価なものでした。
日本で初めて製造販売された国産消火器は、明治28年に丸山商会(現在の株式会社 丸山製作所)で造られた丸山式自動消火器です。この消火器は、鋼鉄製で硫曹式消火器(硫酸と重曹水を化合させて放射する方式)と呼ばれ当時の価格で6円でした。(当時お米10㎏が約1円12銭で買うことができました。)
その後、改良が重ねられ、昭和40年には現在一般的に使用される「ABC粉末消火器」が、多くの会社から販売されるようになったのです。

丸山式自動消火器
丸山式自動消火器
ABC粉末消火器
ABC粉末消火器

火災調査って何?

投稿日:2013年2月11日

火災調査とは、火災がどのようなものであったか、いかにして発生して拡大し、どの程度の損害を発生させたかを明らかにするものです。
これらの調査結果は、広く国民に火災の実態として知らされるとともに安全基準作成の資料となり、類似した火災の防止に役立てられています。
このように「火災調査」は、消防行政の基軸づくりのための重要な任務なのです。