お知らせ

消防職員が訪問調査をします。

投稿日:2017年4月28日

住宅用火災警報器の設置率の向上を目的として、消防職員が住宅用火災警報器の設置状況などの訪問調査を行います。
また、この訪問調査では定期的な作動確認や電池切れした場合の対処方法等もお伝えすることにしております。

なお、訪問調査を行う消防職員は、必ず身分証を携帯し、提示することとしております。

調査項目は、下記の4項目となっております。

問 条例により住宅用火災警報器の設置が義務付けられている住宅の部分全てに住宅用火災警報器が設置されていますか。

1. 設置している(全部設置)

2. 一部設置している(一部設置)

3. 設置していない(未設置)

問 お住まいの住宅は、次のうちどれに該当しますか。

1. 一戸建て

2. 共同住宅(賃貸)

3. 共同住宅等(持ち家)

問 最近、半年間に住宅用火災警報器の作動確認を行いましたか。

1. 実施(最近半年間に実施)

2. 実施(調査時に実施)

3. 未実施

4. 不明

問 作動確認の結果はどうでしたか。

1. 異常なし

2. 電池切れ・故障

3. 不明

ご協力の程よろしくお願いします。

※画像をクリックすると拡大して表示されます。


住宅用火災警報器の点検方法について