お知らせ | 重要なお知らせ

熱中症の予防

投稿日:2017年5月12日

近年、夏季の気温の上昇によって熱中症になり、救急搬送される事案が多くなっています。
熱中症は、湿度や運動による体温の上昇、水分補給の状態等によっても発症することがあります。

熱中症とは?
温度や湿度が高い中で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、めまい、体のだるさ、ひどいときには、けいれんや意識の異常など、様々な障害をおこす症状の事です。


 

熱中症予防のポイントは次のとおりです。

○部屋の温度をこまめにチェックしましょう。
○室温28℃を超えないように、エアコンや扇風機を上手に使いましょう。

○のどが乾かなくてもこまめに水分補給をしましょう。

○外出する時は、体をしめつけない涼しい服装で、日よけ対策もしっかりしましょう。


○無理をせず、適度に休憩をとりましょう。

○日頃から栄養バランスのとれた食事で体力づくりをしておきましょう。

高齢者の方
高齢者の方は暑さを感じにくく、体温調整がうまくできなくなり室内にいても熱中症の危険があります。
○室温をこまめにチェックし、エアコンや扇風機を活用しましょう。
○調子が悪いと感じたら、家族や近くの知り合いにそばにいてもらいましょう。

保護者の方
小さいお子さんは、地面の照り返しで高い温度にさらされやすく、体温調整機能が未熟なため、熱中症にかかりやすくなっています。
○お子さんの顔色や汗のかき方を十分観察しましょう。
○遊びの最中には、必要に応じて水分補給や休憩をとらせましょう。
○日頃から外に出て遊ぶ機会を作り暑さに慣れさせましょう。
○外出時は熱のこもりやすい服を避け、帽子をかぶりましょう。


 

○過去5年間に熱中症で救急搬送された状況は下記のとおりになります。
月別救急搬送状況

5月 6月 7月 8月 9月 合 計
24年 24 26 10 65
25年 21 17 45
26年 18 36
27年 17 28 54
28年 31 29 72
合 計 20 111 108 26 272

 

年令区分別救急搬送状況

新生児 乳幼児 少 年 成 人 高齢者 合 計
24年 37 19 65
25年 21 22 45
26年 15 12 36
27年 27 21 54
28年 37 23 72
合 計 32 137 97 272

年齢区分
新生児:生後28日未満の者
乳幼児:生後28日以上満7歳未満の者
少 年:満7歳以上満18歳未満の者
成 人:満18歳以上満65歳未満の者
高齢者:満65歳以上の者

傷病程度の状況

死 亡 重 症 中等症 軽 傷 合 計
24年 59 65
25年 13 31 45
26年 30 36
27年 45 54
28年 62 72
合 計 40 227 272

過去5年間で救急搬送件数が最も多かったのは、平成28年の72件で総搬送件数272件の内の26.5%を占めています。
これは、西日本で6月~8月の平均気温が高かったことが原因と考えられます。
また、成人の占める割合が137件で全体の50.4%と最も多くなっています。

平成29年4月25日に気象庁が発表した「全国3カ月予報(5月から7月までの天候見通し)」では、西日本は平年並みまたは高いと予想されていることから熱中症に注意して下さい。


熱中症の応急手当は次のとおりです。

○涼しい場所や日陰のある場所に移動して、衣服を緩め、安静に寝かせる。
○エアコンをつける、扇風機、うちわなどで風をあて、体を冷やす。
○水分、塩分を補給する。

こんな時は、すぐに救急車を呼んでください。
○ 自分で水が飲めなかったり、脱力感や倦怠感が強く、動けない場合はためらわずに救急車を呼んでください。
○ 意識がない(おかしい)、全身のけいれんがあるなどの症状を発見された方は、ためらわずに救急車を呼んでください。

熱中症に関する情報はこちらをご覧ください。
総務省消防庁 熱中症情報 ←こちらで「予防啓発ビデオ」が視聴できます。
熱中症対策リーフレット(熱中症の症状、応急手当、予防方法など)

消防職員と身分を偽った電話に注意してください!

投稿日:2017年2月8日

一昨年の夏ごろから高齢者のお宅を狙ったと思われる不審電話が相次いでいます。
電話の内容は、下記のとおりです。

事例1(伊予市)
「消防署の者ですが、ひとり暮らしの高齢者の方に消防グッズをお配りしています。これから届けに行きますね。」
と電話がかかってきた。
「私は、娘と二人暮らしで、一人暮らしではないですよ。」
と伝えたところ電話を切られた。

 

「事例2(砥部町)
消防署の○○と言います。独居老人の方へ必要なものを無償で提供するようになりました。」
と電話があり
「独居ではないですよ。」
と伝えると、
「名簿に載っていました。すいません、間違いですね。」
と丁寧な対応で電話を切った。翌日、また電話がかかってきて
「独居ではないです、昨日も同じ内容の電話がありましたよ。」
と伝えるといきなり電話を切られた。

 

事例3
消防職員と名乗る若い男性から電話があり、
住所、名前、一人暮らしであることを確認したあと
「一人暮らしの方に無料で防災グッズを送ります。」
と言われた。
不審に思い消防署へ連絡した。

●不審電話では、一人暮らしの高齢者宅に防災グッズを配布すると言ったり、住所、氏名、家族構成などの個人情報を聞き出そうとします。

消防職員が、消防・防災グッズを無料で配布したり、文書の送付や返信を電話で依頼することはありません。また、個人情報を聞き出すこともありません。

8324-480x403

 

対処方法は、次を参考にしてください。
○ 電話では、個人情報(氏名、住所、家族構成等)に関する質問に答えないで、怪しいと思ったときはすぐに電話を切って最寄りの消防署まで連絡をお願いします。
○ 消防職員と名乗る者からの訪問を受けたときは身分証の提示を求めて下さい。
○ 電話の後、送り先が「消防署」となっている郵便物等は、受取りを拒否し、絶対に受取らないでください。
受取ってしまった場合は、最寄りの消防署又は下記の窓口に相談してください。

各市町相談窓口連絡先
・伊予市 (089)982-1289
・松前町 (089)985-4120
・砥部町 (089)962-2367

【消費者ホットライン】 別途通話料が必要となります。
3桁の電話番号 ☎ 188 (IP電話など一部の電話を除く。)
アナウンスの後、お住まいの郵便番号を押すと、最寄りの相談窓口へつながります。
※土日祝日で、都道府県の消費生活センターが開所していないときは国民生活センターにつながります。
【消費者ホットライン 平日バックアップ相談】別途通話料が必要となります。
☎ 03-3446-1623
平日 10時~12時、13時~16時(土日祝日、年末年始を除く。)
最寄りの消費生活センターを知りたい方は、下記をご覧ください。
【全国の消費生活センター等】

 伊予消防等事務組合消防本部 982-0119
伊予警察署   982-0110
松山南警察署  958―0110