お知らせ | 重要なお知らせ

『新型コロナウイルス感染症に係る電話相談窓口について』

投稿日:2020年2月18日

2019年12月中国湖北省武漢市に端を発した新型コロナウイルス感染症は急激な勢いで感染が拡大し、日本をはじめ、世界各地に広がっています。日本では2月に指定感染症に指定され水際対策が強化されていますが、現時点ではまだ感染が拡大する傾向にあります。これに伴い、愛媛県では2月10日から「帰国者・接触者相談センター連絡先」を設置しております。また、新型コロナウイルス感染症に関する一般的なご質問やご相談窓口も設置しておりますので、お気軽にご利用ください。

コロナウイルス感染が疑われる患者の要件

【帰国者・接触者相談センター】
■受付時間:24時間体制(土日祝日含む)
■中予保健所:089-909-8757
 ※症状が安定している場合は翌朝に相談

【保健所連絡先(一般相談窓口)
■受付時間:平日の9時00分から17時00分まで(土日祝日除く)
中予保健所:089-941-1111

【厚生労働省コールセンター】
■受付時間:9時00分から21時00分まで(土日祝日含む)
■0120-565653(フリーダイヤル)

消防法令違反対象物の公表制度が開始されます

投稿日:2019年4月22日


2020年4月1日から運用開始

【公表制度について】

公表制度とは、建物を利用する方が、火災危険性に関する情報を自ら入手し、その建物の利用について判断できるよう、建物の消防用設備等の状況が、法、政令又はこれらに基づく命令の規定に違反する場合は、その旨を公表する制度です。

違反対象物公表制度(総務省消防庁通知)

【公表制度とは】

建物を利用する方自らが、建物に関する情報を入手し、その建物の利用について判断できるよう、市のホームページ上に建物の消防法令違反を公表する制度です。

【公表制度の対象となる建物】

飲食店や店舗等の不特定多数の方が利用する建物や、病院・福祉施設等の自力での避難が困難な方が利用する建物です。

 

対象となる建物

【公表制度の対象となる違反の内容】

建物に消防法で義務付けられている消防用設備等のうち、屋内消火栓設備、スプリンクラー設備又は自動火災報知設備が設置されていない違反です。

【公表する内容】

1.建物の名称

2.建物の所在地

3.違反の内容

 

公表制度のリーフレット