生活安心情報 | 住宅用火災警報器

住宅用火災警報器を設置しましょう

全ての住宅に設置が義務付けられています。

寝室として使用する部屋に必要

2階に寝室がない場合は、1階の寝室のみ必要

1階に寝室がない場合は、2階の寝室と階段の上部に必要

全ての寝室と階段の上部に必要※子供部屋で寝室として使用している場合は、設置が必要

1階の寝室と3階の階段上部に必要

2・3階の寝室と2・3階の階段上部に必要※子供部屋で寝室として使用している場合は、設置が必要

2階の寝室と2階の階段上部に必要

全ての寝室と2・3階の階段上部に必要※子供部屋で寝室として使用している場合は、設置が必要

住宅用火災警報器の種類

煙感知式

* 煙を感知する警報器です。
寝室や、階段に設置してください。

熱感知式

* 火災の熱を感知する警報器です。
台所に設置してください。

■取り付け位置

天井に取り付ける場合

*

天井に取り付ける場合、壁から60cm以上離す

壁に取り付ける場合

*

壁に取り付ける場合、住宅用火災警報器の中心が15cm〜50cm内の位置に取り付ける

住宅用火災警報器に関するお問い合わせは最寄りの消防署へご連絡ください。

住宅用火災警報器の奏功事例

伊予消防管内で発生した、住宅用火災警報器の奏功事例を紹介します。
住宅用火災警報器の奏功事例(87.8KB)

住宅用火災警報器の情報は

■日本火災報知機工業会
 ホームページ→http://www.kaho.or.jp/
■総務省消防庁 住宅防火対策ホーム
 ホームページ→http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/fieldList4_0.html