お知らせ | 一覧

全国優良消防職員表彰を受賞しました。

投稿日:2017年9月5日

当消防本部 宮内菊雄 消防司令が一般財団法人全国消防協会から平成29年度全国優良消防職員表彰を受賞しました。
この全国優良消防職員表彰は、全国約16万人の消防職員の中から、多年にわたり消防業務に精励し、功労のあった者の業績を称え、士気の高揚を図るために表彰されるものです。
この受賞に対して9月4日(月)に武智組合長から表彰状が伝達されました。

 

 

全国版救急受診アプリ(愛称「Q助」)

投稿日:2017年9月5日

総務省消防庁では、住民の緊急度判定を支援し、利用できる医療機関や受診手段の情報を提供するため、緊急度判定プロトコルver.2(家庭自己判定)をもとに全国版救急受診アプリ「Q助 きゅーすけ」を作成しております。

主な機能は、急な病気やけがをしたとき、該当する症状及び症候を画面上で選択していくと、緊急度に応じた必要な対応が次のように表示がされます。
・「今すぐ救急車を呼びましょう」
・「できるだけ早めに医療機関を受診しましょう」
・「緊急ではありませんが医療機関を受診しましょう」又は「引き続き、注意して様子をみてください」

その後、医療機関の検索(隣県の情報も閲覧できるように、厚生労働省の「医療情報ネット」にリンク)や受診手段の検索(一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会の「全国タクシーガイド」にリンク)を行うことができます。

詳しくは、こちらをご覧ください。


ダウンロード

全国版救急受診アプリ(スマホ版・Web版)はこちらからダウンロードできます。
全国版救急受診アプリ(愛称「Q助」)

9月9日は救急の日

投稿日:2017年9月5日

「救急の日」及び「救急医療週間」は、救急業務及び救急医療に対する国民の正しい理解と認識を深め、救急医療関係者の意識の高揚を図ることを目的として昭和57年度から実施されています。
毎年9月9日を「救急の日」とし、この日を含む一週間(日曜日から土曜日まで)を「救急医療週間」としています。

平成28年中に伊予消防管内地域で発生した救急件数は、4,100件で搬送人員は3,860人となっています。
救急出動区分で最も多いのは急病の2,540件で、全体の約62%を占めています。
傷病程度の割合は、全搬送人員3,860人のうち軽傷が最も多く2,165人で、全体の約56%を占めており、真に緊急を要する方への対応が遅れ救命率に影響が出るおそれがあります。
症状が軽い場合や他の交通機関を利用できる場合は、ひとつひとつの大切な命を救うために救急車の適正な利用にご協力をお願いします。
また、緊急を要する場合は迷わず、すぐに救急車を要請してください。

総務省消防庁では救急車利用マニュアル「救急車を上手に使いましょう」を作成しておりますので是非ご覧ください。
救急車利用マニュアル A guide for ambulance services
また、休日・夜間の急な子供の病気にどう対処したらよいのか、病院で診察を受けたほうがいいのか判断に迷った時は、小児救急でんわ相談【#8000】をプッシュしてください。
詳しくは、このホームページトップの「小児救急でんわ相談#8000」をご覧ください。