お知らせ | 一覧

平成29年度危険物取扱者試験及び消防設備士試験について

投稿日:2017年2月24日

平成29年度危険物取扱者試験及び消防設備士試験の日程等についてお知らせします。

1 危険物取扱者試験

(1)試験日・試験願書の受付期間及び受付場所等

区分 試験日時 受験願書受付期間 受付場所 提出方法
第1回 平成29年6月25日 (日) 【書面申請】
平成29年4月11日(火)
~ 4月21日(金)

【電子申請】
平成29年 4月 8日(土) 9時
~4月18日(火)17時

【書面申請】
(一財)消防試験研究センター愛媛県支部
〒790-0011
松山市千舟町4-5-4
松山千舟454ビル5階
TEL089-932-8808
FAX089-935-4484
受付時間
9:00~17:00
(12:00~13:00及び土日、祝祭日を除く)

【電子申請】(問合せ先)
(一財)消防試験研究センター
(本部)企画研究部電子申請室
TEL0570-07-1000(専用)
問い合わせ時間
9:00~17:00
(土日、祝祭日を除く)

【書面申請】
郵送又は持参

【電子申請】
インターネット利用

第2回

平成29年
10月29日
(日)

【書面申請】
平成29年 9月 1日(金)
~9月11日(月)

【電子申請】
平成29年 8月29日(火) 9時
~9月 8日(金)17時

第3回

平成30年
2月4日
(日)

【書面申請】
平成29年12月 8日(金)
~12月19日(火)

【電子申請】
平成29年12月 5日(火) 9時
~12月16日(土)17時

 

(2)受験地、試験会場、試験種類、開始時刻等
次表のとおり。ただし、学校の生徒等に限り、附表「学校の生徒等の試験会場等」のとおり受験することができる。

区分 受験地 試験会場 試験の種類 試験開始時刻(集合時刻)
第1回
(H29.6.25)
及び
第2回
(H29.10.29)
松山市 愛媛大学 甲種、乙種第1・2・3・4・5・6類、丙種 【乙種第4類(科目免除なし)】
午前10時又は午後2時半(集合:9時半又は午後2時)

【その他全種類】
午後10時(集合:午後9時半)

第3回(H30.2.4) 松山市 愛媛大学 甲種、乙種第1・2・3・4・5・6類、丙種 【乙種第4類(科目免除なし)】
午前10時又は午後2時(集合:9時半又は午後1時半)

【その他全種類】
午後2時(集合:午後1時半)

(備考)乙種4類(科目免除なし)の受験者の午前又は午後の受験指定は、消防試験研究センター愛媛県支部が行う。

附表 学校の生徒等の試験会場等

区分 受験地 試験会場 試験の種類 試験開始時刻(集合時間)
第1回
(H29.6.25)
及び
第2回
(H29.10.29)
新居浜市 新居浜工業高等学校 甲種、乙種第1・2・3・4・5・6類、丙種 午前10時
(集合:午前9時半)
今治市 今治工業高等学校 甲種、乙種第1・2・3・4・5・6類、丙種 午前10時
(集合:午前9時半)
松山市 松山工業高等学校 甲種、乙種第1・2・3・4・5・6類、丙種 午前10時
(集合:午前9時半)
八幡浜市 八幡浜工業高等学校 甲種、乙種第1・2・3・4・5・6類、丙種 午前10時
(集合:午前9時半)
西条市 東予高等学校 乙種第4類(科目免除なし)、丙種 午前10時
(集合:午前9時半)
宇和島市 吉田高等学校 乙種第4類(科目免除なし)、丙種 午前10時
(集合:午前9時半)
第3回
(H30.2.4)
松山市 松山工業高等学校 甲種、乙種第1・2・3・4・5・6類、丙種 乙種第4類(科目免除なし)】
午前10時又は午後2時(集合:9時半又は午後1時半)

【その他全種類】
午後2時(集合:午後1時半)

(備考)
1 学校の生徒等とは、大学、短期大学等を除く学校教育法第1条に掲げる学校<高等専門学校、特別支援学校、中等教育学校、高等学校、中学校、小学校>の生徒、及び施設入所者等で遠隔地等での受験が困難と事前に本財団の愛媛県支部が認めた受験者をいう。
2 第3回試験の乙種4類(科目免除なし)の受験者の午前又は午後の受験指定は、消防試験研究センター愛媛県支部が行う。

(3)受験願書用紙・受験案内等の配布場所

一般財団法人消防試験研究センター愛媛県支部
愛媛県県民環境部防災局消防防災安全課
愛媛県各地方局防災対策室及び各地方局支局総務県民室
松山市消防局及び各市・町・地区消防本部

 

2 消防設備士試験

(1)試験日・受験願書の受付期間及び受付場所等

区分 試験日時 受験願書受付期間 受付場所(問い合わせ先) 提出方法
第1回 平成29年
8月6日
(日)
開始時刻
10時
(集合9時半)
【書面申請】
平成29年6月 19日(月)~6月29日(木)
【電子申請】
平成29年6月 16日(金) 9時~6月26日(月)17時
【書面申請】
(一財)消防試験研究センター愛媛県支部
〒790-0011
松山市千舟町4-5-4
松山千舟454ビル5階
TEL089-932-8808
FAX089-935-4484
受付時間 9:00~17:00(土日、祝祭日を除く)【電子申請】
(一財)消防試験研究センター
(本部)企画研究部電子申請室
TEL0570-07-1000(専用)
問い合わせ時間
9:00~17:00(土日、祝祭日を除く)
【書面申請】
郵送又は持参

【電子申請】
インターネット利用

第2回 平成30年
1月7日
(日)
開始時刻
10時
(集合9時半)
【書面申請】
平成29年11月 6日(月)~11月16日(木)
【電子申請】
平成29年11月 3日(金) 9時~11月13日(月)17時

 

(2)受験地・所在地・試験会場及び試験種類

区分 受験地 所在地 試験会場 試験の種類
第1回 松山市 文京町3 愛媛大学 甲種 特・1・2・3・4・5類、乙種 1・2・3・4・5・6・7類
第2回 第1回と同じです。

 

(3)受験願書用紙・受験案内等の配布

一般財団法人消防試験研究センター愛媛県支部
愛媛県県民環境部防災局消防防災安全課
愛媛県各地方局防災対策室及び各地方局支局総務県民室
松山市消防局及び各市・町・地区消防本部

 

病院及び福祉施設等における防火安全対策研修会を開催

投稿日:2017年2月21日

近年、病院及び福祉施設等において高齢者や入院患者など、多数の方が犠牲となる火災が発生しています。
特に夜間など施設職員数が少ない時間帯に火災等の災害が発生した場合、自力避難が困難な方を安全に搬送することや、的確な初期消火、119番通報を行うことは非常に困難となります。
伊予消防等事務組合消防本部では、病院及び福祉施設等に設置されている消防用設備等や身近にあるものを有効に活用することによって、少人数でも迅速に搬送できる方法と初期消火が行える方法を習得することを目的として研修会を開催しました。
この研修会は、2月15日(水)16日(木)の2日間実施し、伊予消防管内の53施設68人の方が参加しました。
○研修内容
1 講義 「過去の火災発生状況、火災発生時の対応について」

2 実技研修

(1)避難困難者の搬送方法
DSC_0036(HP)
(2)火災対応(通報、初期消火、避難誘導)訓練
IMG_0346(HP)

 

3 体験訓練

(1)濃煙体験
DSC_0078(HP)
(2)初期消火訓練
DSC_0055(HP)
(3)スプリンクラー設備の消火効果について
DSC_0057(HP)
(4)自動火災報知設備・連動式火災通報装置の取扱い
HP

 

○参加者の皆さんからは、下記のような感想をいただきました。

今回の研修会は参考になりましたか?
・普段体験できないことが、体験できた
・体験することで理解が深まった
・火災発生時まず何をすべきか理解できた
・煙体験での煙の怖さを感じた
・具体的な避難方法、火災発生から避難完了までの流れがよく理解できた
・火災通報装置の使い方など、実際に機器を使用して理解できた
・スプリンクラー設備の仕組み(実際に見ることができた)

・同様の研修会の開催希望についての問いに対しては、「1年に1回程度」希望と回答された方が76%となっています。
来年度も同様の研修会を開催する予定ですので、まだ講習会に参加されていない方は、火災発生初期に必要な行動等を身につけてみませんか!

平成29年春季全国火災予防運動が実施されます。

投稿日:2017年2月21日

10_syota
平成28年度全国統一防火標語
『消しましょう その火その時 その場所で』

春季全国火災予防運動
火災が発生しやすい時季を迎えるに当たり、火災の発生を防止し、高齢者を中心とする火災による死者の低減と貴重な財産の損失を防ぐことを目的として、平成29年3月1日(水)から3月7日(火)までの7日間、全国春季火災予防運動が実施されます。

○平成27年中に全国で発生した火災
・冬季・春季の火災
平成27年中に発生した火災を季節別にみると、冬季(12月~2月)から春季(3月~5月)にかけて火気を使用する機会の多い季節の火災件数が総火災件数の57.7%を占めています。
また、火災による死者は1月から3月までの3ヶ月間で、総死者数全体の36.8%(575人)の死者が発生しています。
・主な出火原因
出火原因の第1位は「放火」、第2位は「たばこ」、第3位は「こんろ」、第4位は「放火の疑い」、第5位は「たき火」となっています。
出火原因第1位の「放火」は、19年連続で第1位となっており「放火の疑い」を加えると全火災の16.6%を占めています。
また、第2位の「たばこ」から火災にいたる原因は、不適当な場所への放置によるものが最も多く、全体の60.7%となり半数以上を占め、第3位の「こんろ」は、消し忘れが最も多く51.3%を占めています。

住宅火災 命を守る 7つのポイント
3つの習慣
・寝たばこは、絶対やめる。
・ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。
・ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

4つの対策
・逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。
・寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎製品を使用する。
・火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。
・お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

伊予消防等事務組合消防本部では、春季全国火災予防運動期間中に下記の活動を行います。
みなさまのご理解とご協力をお願いします。
○ 伊予消防署
・スーパーの館内放送を利用した住宅防火推進広報(3月1日~7日)
・少年消防クラブ員による防火広報
伊予市合同林野火災防御訓練(2月26日(日)中山町佐礼谷地区)
※消防車両のサイレン、地区サイレンの吹鳴有

○松前消防署
・消防団車両による防火パレード
・少年消防員クラブ防火広報

○ 砥部消防署
・消防車両による防火広報
・消防団による防火パレード
・砥部町内 ひとり暮らし高齢者宅防火訪問
・少量危険物施設(ハウス園芸用)査察
○広田出張所
・消防車両による防火広報
・消防団による防火パレード
・一般住宅防火訪問

○ 防災行政無線による防火広報
伊予市
松前町
砥部町広田地区