お知らせ | 一覧

あなたのお店厨房は大丈夫?

投稿日:2017年12月11日

平成28年中に全国で発生した建物火災件数は20,991件で、建物火災の原因別件数では、放火や原因不明を除くと「こんろ」が3,090件と最も多く、建物の用途別では「飲食店」が最も多くなっています。(住宅と複合用途を除く)
飲食店で発生する火災の発火源は「こんろ」で、経過はこんろの「消し忘れ」、「過熱」、「可燃物の接触」といった人的なものがほとんどです。
昨年12月に発生した新潟県糸魚川市大規模火災の出火原因は、飲食店の大型こんろの消し忘れでした。
また、伊予消防管内地域では飲食店からの火災が2件発生しており、1件は業務用ガステーブルの消し忘れが原因で、もう1件は無煙ロースターの排煙ダクト内に溜まった油かすに着火したものです。

【ガステーブル】

【無煙ロースター】

消防庁では、飲食店の火災予防の更なる促進を図るため、火災予防の広報用映像を制作していますので下記をご覧ください。
総務省消防庁 住宅防火関係 パンフレット・映像資料等

 

 

 

暖房器具は正しく使いましょう!

投稿日:2017年12月5日

寒さが増し、これからの季節は暖房器具を使用する機会が増えてきます。
暖房器具から出火した火災原因の大半は、誤った使用方法によるものです。
暖房器具を使用する際は、必ず取り扱い説明書等をよく読み正しく使用してください。

【石油ストーブ】
○事例1
焼損程度:ぼや
負傷者:87歳  男性1名 重症
石油ストーブの火が弱かったので、火を大きくしたところストーブの周りが燃え出し、ズボンの裾に火が付いた。
石油ストーブに火をつける時はいつもマッチを使用しており、使用後のマッチは石油ストーブの置台(下皿)に捨てており、置台の掃除もしていなかった。

出火原因:置台の清掃を怠ったことによる吹き返し
石油ストーブの置台にほこりやごみが溜まっていると酸素不足による異常燃焼によって、吹き返し現象が発生し置台に溜まったほこりやごみに燃え移ります。
置台にほこりやごみが溜まらないようこまめに清掃してください。

○事例2
焼損程度:ぼや
負傷者:85歳  男性1名 中等症
石油ストーブを使用中、カートリッジタンクを引き上げたところ蓋が外れ、灯油が石油ストーブや床にかかり燃え拡がった。

出火原因:石油ストーブの火を消さずにカートリッジタンクを引き上げたことと、蓋を完全に締めていなかった。
石油ストーブに給油する際は、ストーブの火を消し、本体が冷えてから給油してください。また、給油後は蓋が完全に締まっていることを確認してください。

【電気ストーブ】
電気ストーブをつけたまま寝てしまい掛け布団等が電気ストーブに接触すると火災が発生します。
就寝中は、異常に気付きにくいため発見が遅れます、就寝する際は確実に電気ストーブの電源を切ってください。
また、電源コードが机や椅子などに踏みつけられていると、踏みつけられている箇所が発熱して、電源コードが破損しスパークが発生します。
使用する際は、電源コードに異常がないか、踏みつけなどないか確認してください。

【注意事項】
○ストーブを使用する際は、器具に異常がないか確認してください。
○ストーブや温風ヒーターの近くには燃えやすいものを置かないでください。また、ストーブの上部に洗濯物を干していると、乾いた洗濯物が上昇気流によってストーブの上に落下する危険がありますので、ストーブの上部に洗濯物を干さないでください。

職員現任教養を実施しました

投稿日:2017年11月24日

平成29年11月21日、22日の2日間、厚生労働省愛媛労働局と松山市消防局から講師を招いて現任教養を行いました。

●内容
  ハラスメント対策
   講師:厚生労働省愛媛労働局 雇用環境・均等室 室長補佐 三好健太
  消防法令違反処理の推進対策
   講師:松山市消防局 愛媛県違反是正支援アドバイザー
      予防課違反是正担当主幹 消防司令 中西則之
      東消防署予防担当副主幹 消防司令補 重谷朋志