お知らせ | 一覧

第35回危険業務従事者叙勲の受章について

投稿日:2020年11月4日

第35回危険業務従事者叙勲における叙勲受章者が、閣議において決定され、令和2年11月3日付けをもって発令されましたので、お知らせいたします。
伊予消防等事務組合の元職員は、次のとおり受章されています。  

●第35回 危険業務従事者叙勲
元 消防職員

賞  賜 主 要 経 歴 氏  名
瑞宝双光章 元 消防司令長 坪田 末廣

 

令和2年秋季全国火災予防運動が実施されます

投稿日:2020年10月28日

 

令和2年11月9日(月)から11月15日(日)までの1週間、秋季全国火災予防運動が実施されます。

この運動は、火災が発生しやすい時季を迎えるに当たり、火災予防思想の一層の普及を図り、もって火災の発生を防止し、高齢者を中心とする死者の発生を減少させるとともに、財産の損失を防ぐことを目的としています。

2020年度全国統一防火標語
『その火事を 防ぐあなたに 金メダル』

■重点目標
1 住宅防火対策の推進
2 乾燥時及び強風時火災発生防止対策の推進
3 放火火災防止対策の推進
4 特定防火対象物等における防火安全対策の徹底
5 製品火災の発生防止に向けた取組の推進
6 多数の者が集合する催しに対する火災予防指導等の徹底

■住宅防火 いのちを守る 7つのポイント
3つの習慣
1 寝たばこは、絶対やめる。
2 ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。
3 ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

4つの対策
4 逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。
5 寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎製品を使用する。
6 火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。
7 お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

伊予消防等事務組合消防本部では、秋季全国火災予防運動期間中に火災予防思想の一層の普及と、火災の発生を防止し高齢者を中心とする死者の減少を目的として各種活動を開催する予定です。みなさまのご理解とご協力をお願いします。

※各署所行事

水難救助訓練を実施しました。

投稿日:2020年10月6日

松前消防署では、令和2年9月25日に松前町塩屋海岸周辺において、水難救助訓練を実施しました。

この訓練では、水面で救助を待つ要救助者にロープを結んだ救助用浮輪を速やかに投げ込み、要救助者を岸辺に救出する要領の確認や消防隊員が入水し、要救助者の身体及び気道を確保し、適切な救出方法に繋げる確認を行いました。

訓練の最後には、実際に要救助者役を配置し、引き揚げ救助を実施。岸壁から救助ロープを取り付けたはしごを張り出し、安全・確実・迅速に要救助者を引き揚げました。水上と陸上で活動する消防隊員が連携し、本番さながらの活動を展開しました。

我々、消防隊員は人命救助を使命に年間通して様々な訓練を行っています。

一番は、消防隊員が出動することがないことです。水の事故を起こさないためにもマナーを守って楽しみましょう。

訓練説明の様子 消防隊員が入水し救助に向かう様子
救助用浮輪を投入する様子 要救助者を引き揚げる様子
水上の消防隊員を引き揚げる様子 陸上隊が要救助者を引き揚げる様子