お知らせ | 一覧

「住宅防火・防災キャンペーン」敬老の日に「火の用心の贈り物」

投稿日:2017年8月31日

近年の住宅火災による死者数は1,000人前後の高い水準で推移しており、このうち65歳以上の高齢者が約7割を占めています。
消防庁では、住宅火災による死者数のうち高齢者の占める割合が増加していることから、「敬老の日に「火の用心」の贈り物」をキャッチフレーズに、高齢者に住宅用防災機器等をプレゼントすることなどを呼びかける「住宅防火・防災キャンペーン」を実施します。

○目的
火災を「起こさない」、「早く知る」、「早く消す」、「拡大防止する」ことで、高齢者を中心とした住宅火災による死者数の低減につなげる。
○実施期間
平成29年9月1日(金)から平成29年9月21日(木)まで
○推進項目
(1)高齢者宅に設置してある住宅用火災警報器の作動確認のほか、寝たばこ防止やストーブ・ガスこんろの適切な使用などを呼びかける。
(2)住宅用火災警報器、住宅用消火器、エアゾール式簡易消火具、防炎品などの住宅用防災機器等を高齢者にプレゼントすることを呼びかける。
(3)上記の呼びかけを通じて、広く住宅防火・防災意識を啓発する。

住宅防火・防災キャンペーンポスター

 

住宅防火いのちを守る7つのポイント

※クリックすると画像が大きく表示されます。

詳しくは、下記をご覧ください。
総務省消防庁「住宅防火・防災キャンペーン」の実施

防災・危機管理について学んでみませんか

投稿日:2017年8月29日

○南海トラフ地震について
南海トラフ沿いの地域では、100年から150年間隔で大規模地震が繰り返し発生しており、近年では昭和19年(1944年)に昭和東南海地震、昭和21年(1946年)に昭和南海地震が発生しています。
東海地震の領域は発生から160年が経過しており、切迫性が指摘され、また、東南海・南海地震については前回地震から、既に60年以上が経過していることから、今世紀前半にも発生することが懸念されています。(平成28年版消防白書より)

○震災対策等について
地震などの災害に備えるための情報は下記をご覧ください。
総務省消防庁 生活密着情報 地震などの災害に備えて
また、総務省消防庁では日本で実際に起きた災害の写真や動画を使用したeカレッジを開設しています。
このeカレッジでは、防災・危機管理についてサイト上で学習することができますので、災害や危機から身を守る正しい知識や情報を学んでみてはどうでしょう。
eカレッジ 防災・危機管理

 

えひめこどもの城「夜の防災フェスタ」に参加しました。

投稿日:2017年8月25日

平成29年8月19日(土)えひめこどもの城の来場者の方々に防火・防災に関する理解を深めて頂くため「夜の防災フェスタ」に参加しました。
最初に松山市消防局南消防署の方々の指導のもと館内の来場者を対象とした地震発生時の避難訓練が行われ、引き続き救助隊による「ロープ渡過」の展示が行われました。
また、エントランス前では松山市消防局の起震車による地震体験が行われました。

○伊予消防本部が芝生広場で開設した体験コーナーは次のとおりです。

放水体験コーナー
防火服の試着体験コーナー
消火体験コーナー
煙体験コーナー

放水体験と防火服の試着体験コーナーでは、皆さんとふれあうことができ、消火体験コーナーでは消火器の正しい使用方法を学んでいただきました。
また、煙体験を終えた方々のほとんどが「全く前が見えなくって怖かった」、「煙の怖さを改めて感じました」といった感想を述べていました。
皆さんも子供たちと防火・防災について話し合うきっかけとして、このようなイベントが開催されている時は参加してみてはどうでしょう。