お知らせ | 一覧

松前町内高齢者福祉施設職員対象の救命講習会を開催しました

投稿日:2020年2月5日

松前消防署では令和2年1月22日(水)、松前防災センターにおいて松前町内高齢者福祉施設11施設、18名の方を対象に救命講習会を開催しました。

この講習会は介護関係の仕事に従事している方が、救命にかかわる応急手当を中心に心肺蘇生法や救急隊への引継ぎ方法を習得することを目的として3年前から実施しており、今回で4回目の開催となりました。

今回の講習会では多くの想定訓練を体験してもらい、実際の現場をイメージした実践方式で学んでいただきました。

○講習会に参加された方々のアンケート内容

・楽しく受講させていただきました。この救命講習を活かし、いざという時に役立てるようにしていきたいと思います。ありがとうございました。

・実際に体験できて良かった。これから夜勤時の対応に少し自信が持てるようになった。

・定期的に受講したいと思います。

・救急隊員の皆さんが優しく教えてくださったので良かったです。

・熱意が伝わってきました。私は事務方ですが、何か起こった時は手の空いたスタッフとして、積極的に協力していきたいと思います。

・分かりやすく指導いただきありがとうございました。

・実際経験するとパニックになるのではないかと思いますが、予め勉強会があると意識ができると思います。

・とても分かりやすい講義でした。ありがとうございました。

・大変分かりやすかった。あっという間の3時間でした。事業所での講習会を上司に提案してみます。

・隊員の方が、細かく親切に教えてくださり、実際の現場で起こった場合に対応できるよう心がけていきたい。

・大変勉強になり、緊急時の対応が分かりました。施設で救急対応のマニュアルを作れたらと思います。

松前町役場保険課挨拶 職員によるデモンストレーション
心肺蘇生法ブース 異物除去・骨折処置ブース
気道・呼吸管理ブース 全体の様子
総合シミュレーション①(死戦期呼吸想定) 総合シミュレーション②(気道異物想定)
まとめの講義 修了式

令和2年松前町消防出初式を実施しました

投稿日:2020年2月4日

令和2年松前町消防出初式が1月12日(日)、松前公園多目的広場で行われ、消防団員などの消防関係者約500人をはじめ、地域住民が参加しました。

オープニングセレモニーでは、松前町少年消防クラブ員による防火標語を掲げて火災予防の呼び掛けや、消防団松前方面隊による木やり唄、腕用ポンプ操法が披露されました。

式典では、嘉村団長以下306名の消防団員と少年消防クラブ員37名が入場行進した後、功績のあった団員を表彰。最後は迫力のある一斉放水で締めくくりました。

松前町少年消防クラブ員による防火標語掲示 消防団松前方面隊による木やり唄
消防団松前方面隊による腕用ポンプ操法 団旗のもと、入場行進

 

令和2年砥部町消防出初式が実施されました

投稿日:2020年2月4日

令和2年1月11日(土)、砥部町陶街道ゆとり公園多目的広場において令和2年砥部町消防出初式が実施されました。
今回の出初式では一斉放水等の訓練披露、広田小学校少年消防クラブ員による規律訓練披露、排水ポンプ車の展示があり、特に消防団員による一斉放水訓練披露では、日ごろの訓練で培われた息の合った動きを見た地域住民から、歓声と拍手が上がっていました。
式典では、長年にわたり消防団活動に貢献した消防団員や分団に表彰状等が贈られ、最後に砥部町消防団団長が訓辞で締めくくり、さらなる防災意識の向上に向けて消防関係者の結束を強める素晴らしい出初式となりました。